突然ですが、ブックガイド

shincho.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 19日

藝人という生き方

「突飛な芸人伝」(吉川潮著・新潮文庫平成13年初版)読了。
一生懸命に破天荒で、少し哀しい17人の芸人たちの生き様を読みやすく綴っています。

私なりに強引に分類すると以下の感じです。

破滅系:月亭可朝、祝々亭舶伝

屈折した哀しさ系:川柳川柳、石倉三郎、マルセ太郎、快楽亭ブラック、ポール牧

与太郎系:柳家小三太、坂田利夫

「芸人としてしか生きられない」系:正司敏江、ショパン猪狩、月亭八方

「邪道でも自分の芸風」系:林家木久蔵、ヨネスケ、古今亭志ん駒、桂文福、桂小枝

もちろん5つの分類は大枠ですし、17人それぞれが自分の藝風を持って「どっぷり芸人」なのですが、私なりの感想です。

しかし関西の藝人には、どうして破滅系が多いんでしょうねぇ?
上記以外にも横山やすしとか、藤山寛美とか。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2005-11-19 11:32 | 書評


<< 良くない癖      アジアシリーズ >>