突然ですが、ブックガイド

shincho.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 22日

良くない癖

疲れていたり、ストレスがたまっている時にスーパーに行くと、ついつい食材を買いすぎてしまいます。
それを食べきれば良いのでしょうが、次の日には料理なんてする気なし。
またゴミが増えることになってしまうのです。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-11-22 22:24 | 身辺雑記
2005年 11月 19日

藝人という生き方

「突飛な芸人伝」(吉川潮著・新潮文庫平成13年初版)読了。
一生懸命に破天荒で、少し哀しい17人の芸人たちの生き様を読みやすく綴っています。

私なりに強引に分類すると以下の感じです。

破滅系:月亭可朝、祝々亭舶伝

屈折した哀しさ系:川柳川柳、石倉三郎、マルセ太郎、快楽亭ブラック、ポール牧

与太郎系:柳家小三太、坂田利夫

「芸人としてしか生きられない」系:正司敏江、ショパン猪狩、月亭八方

「邪道でも自分の芸風」系:林家木久蔵、ヨネスケ、古今亭志ん駒、桂文福、桂小枝

もちろん5つの分類は大枠ですし、17人それぞれが自分の藝風を持って「どっぷり芸人」なのですが、私なりの感想です。

しかし関西の藝人には、どうして破滅系が多いんでしょうねぇ?
上記以外にも横山やすしとか、藤山寛美とか。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-11-19 11:32 | 書評
2005年 11月 15日

アジアシリーズ

そうそう、土曜日にアジアシリーズを観に東京ドームに行ってきました。
ロッテ戦ではなく、韓国ー台湾戦です。エキサイトシートとバックネット裏以外は、全席自由席でなんと1000円!
初めて東京ドームのライトスタンド最前列に座りましたよ。
しかも座るだけでなく、寝っ転がれるほどガラガラ。

a0009861_10255128.jpg


















内野席は盛り上がっていました。
韓国側の内野席では、選手への声援の時にチアガールが
日本語で書かれた指示ボードを出していました。
在日の人たちへの配慮なのか、チアガール目当てで韓国側内野席に座っている人たちにも
応援してほしいというつもりなのか、多分前者でしょうが。

場内の注意書きも、各国の言葉が。
台湾と中国では、漢字を使うのは同じでも文章が違うんですね。
初めて知りました。

a0009861_10401559.jpg



しかしそこまでするなら、場内売店でも各国の料理を売り出すとかしてほしかったです。
オープン戦並み(しかも昔の日ハム戦)の開店状況でがっかりでした。
観客が少ないことが分かっていたのでしょうが。

11月の東京ドームはさすがに寒く、今も風邪気味です。
観戦した試合は無駄な四死球は多かったのですが、勝ったチームが決勝に進める試合なので、後半は白熱し、楽しめました。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-11-15 20:47 | Sports
2005年 11月 12日

サッカーのプレイスタイル

NumberPlus12月号「南米蹴球記」読んでいます。
久しぶりのNumberです。
面白いけど、貧乏人には少し高いんで。

南米のプレイスタイルだけでなく、名選手の出身階級から、社会性にも触れているのが更に楽しめる部分です。

しかしこの30年間の南米の最優秀選手、マラドーナに触れていないのはナゼなんでしょうねぇ?
文中でアイマールも「マラドーナはすべてのアルゼンチン人にとって特別な存在なんだ」
と語っているのに。
他で語られ過ぎてるからかな?

ちなみに私にとってこの30年間の欧州最優秀選手は、やっぱりR.バッジォです。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-11-12 00:04 | 書評
2005年 11月 06日

再読の日々

相変わらず貧乏なので、書棚の古い本を読んでいます。

この数日は妹尾河童さん。
中学の国語の教科書で初めて読んで以来、愛読しています。
教科書の作品の出典「河童が覗いたヨーロッパ」は、進路を決めるきっかけになったくらいです。

しかし「まま子実の子河童ん家」(正確には奥さんの風間茂子さんの著書ですが)
を読んだ後に「少年H」を読むと、妹尾家二代の教育方針が見えて面白いです。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-11-06 22:10 | 書評
2005年 10月 31日

貧乏生活の過ごし方

いやー、金がないっす。

一週間前に給料をもらったばかりなのに、明日には既に赤字。
何でこんなに金がないんでしょう?

理由は分かってるんです。
先月残業などの手当てがない上に、給料もらってから毎日午前様。
しかもこの土日は、野球部合宿。
そりゃあ金も無くなるってものです。

明日からは「衝動買いは二百円以内。その日のうちに無くなるものには、千円以上使わない」というシバリを自分に設けます。

呑み会は除きますが。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-10-31 22:29 | 携帯
2005年 10月 27日

辛いもの

先日、久々に激辛の麻婆豆腐を食べました。

もともと私は辛いものが好きなので、「辛過ぎる」と感じることは少ないのですが、その麻婆豆腐は辛過ぎました。
どのくらい辛いかというと、食べ進むうちに鳥肌が立ち、脳髄をわしづかみにされる衝撃が走るくらいです。

唐辛子に加え、山椒の辛さにインパクトがありました。

次の日は体のある部分が熱くなり、トイレにおこもりでした。
こういう体験も、たまには良いですよね。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-10-27 23:47 | うまいもの
2005年 10月 20日

外国の「名作」

「丸かじりドン・キホーテ」(中丸明著・新潮文庫平成十四年初版)読了。

これは要するに「ドン・キホーテ解説本」です。
ダイジェストとなる抄訳に、スペイン事情とセルバンテス評伝が加わって、興味がある人にはお買得な一冊です。
書店でダイジェストを立ち読みした時には、サンチョ・パンサの方言が気になり、即買いはしませんでしたが、読んでみればすんなり入れます。
この作者の著書には私の興味を惹くジャンルが並んでいるので、他の作品にもそのうち手を出しそうです。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-10-20 21:36 | 書評
2005年 10月 19日

話題作

「変身」(東野圭吾著・講談社文庫1994年初版)読了。

映画が公開されることもあってか、書店で平積でした。
東野圭吾は前から読んでみたかったので、早速購入。

面白かったんですが、脳移植の話ではブラックジャック(22巻「20年目の暗示」?後日確認)の方がストーリーは全然面白いし、深い、という感想を持ちました。

これはこれで面白いんですけどね。
東野圭吾も、「読まなくちゃ」の作家になりました。
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-10-19 21:01 | 書評
2005年 10月 17日

プレーオフ

いや、プレーオフは最終戦にもつれこみましたねぇ。
土曜の夜に携帯でニュースをチェックしたときには、九回裏で4-0。シリーズに向けての雑感をブログに載せようと、原稿を考え始めました。

んで、いざ投稿する前に念のためニュースを見たら、逆転サヨナラ。
野球って分かりませんねぇ。

個人的には、ロッテー阪神のシリーズが見たいのですが、二年連続ホークスがシリーズに出られないのもなぁ。
しかし千葉テレビはどうしてプレーオフを中継してないんでしょうね?
[PR]

# by ShinchoNO1 | 2005-10-17 09:00 | Sports