<   2004年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2004年 06月 30日

おっさんのアテ

おっさんと言っても、今日は良いおっさんです(自称)。

今日の呑み屋、〆におにぎりセットを頼みました。
セットのお吸い物がハマグリ。

うーん、これで2杯は呑めますね。(っていうか呑みました)

そのうち讃岐うどんのツユだのかけそばの出汁にそば湯を入れて一杯、とかなるんでしょうねぇ。
ダシの利いた汁物ってのは、アテに良いものです。

蕎麦屋でまず鳥わさor鴨のくんせいor冷奴で1~2杯。
(モズクもあり)
後は花まきを頼んで、だし汁&そば湯で1~2杯。
(キツネかたぬきでも可)

こういうおっさんに私はなりたい。


宮沢賢治風に〆てみました。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-30 20:55 | うまいもの
2004年 06月 30日

お造りの切りかた

お造りっていうほど上品なものではありませんが、
海鮮に納豆を和える場合(まぐろ納豆とかイカ納豆とか)、
できるだけ小ぶりに切ってほしいものです。

できればせいぜい1.5cm×7㎜。

細かすぎますかね?

今日の五色納豆、具がトロ、イカ、タコ、青柳、卵でした。
それはそれで良いのですが、私としては前回の
赤身、イカ、青柳、貝ヒモ、カイワレ、卵の方がスキですねぇ。

イカはない方がベター。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-30 20:45 | うまいもの
2004年 06月 30日

そばのつゆ

そばのつゆは甘さを抑えた、辛目のものがスキですね。
かけももりも。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-30 12:26 | うまいもの
2004年 06月 29日

コミックス購入

久々にマンガ買いました。

「おせん」8巻(きくち正太・講談社)
「ギャラリーフェイク」30巻(細野不二彦・小学館)

両作品ともFood,Artを主題にこだわった作品でスキです。

「モンキーターン」27,28巻(河合克敏・小学館)
「帯ギュ」からスキです。
何巻まで買ったか分からなかったけど、26巻までだった様子。
良かった。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-29 19:48 | 書評
2004年 06月 26日

「お笑い」について

角刈りになったのを機に、書棚の芸談、芸人小説などを読み返しました。

今日は「笑うふたり 語る名人、聞く達人 高田文夫対談集」(中公文庫・初版2001年)。

高田文夫が以下の人物と対談してます。

・伊東四朗
・三木のり平
・イッセー尾形
・萩本欽一
・谷啓
・春風亭小朝
・青島幸男
・三宅裕司
・立川談志

高田文夫に抵抗がない人なら、楽しく読めるのでは?
ってシブイラインナップですよねぇ。
芸人の主な魅力である語り口を余すところなく伝えてくれます。

私は谷啓&青島がやはり一番楽しめました。
伊東四朗ももちろんスキな芸人ですが、「親父熱愛」(講談社文庫・伊東四朗、吉田照美、水谷加奈のラジオ番組の文庫化)の方がページ数の多い分もあり、深くて濃いいです。

もっとクレイジーやコント55号を見なくちゃ、と痛感しました。
今さらですが。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-26 20:58 | 書評
2004年 06月 25日

痛恨事

今日は仕事が早めに終わったので、床屋に行ってきました。
前と上はともかく、横と後ろが伸びると、私としては切り時。

まだ明るい地元をぶらぶら歩いて,初めての店へ。
店主のおじいちゃんは本を読んでました。
「カットいいですか?」と言うと、けげんな表情。
活舌が悪かったのかな?と思い、「髪、切ってもらえますか?」と言い直しました。

座って、
「横と後ろを落として、上と前を半分くらい」と言いました。
(いつものパターン)

私は目が悪いので、良く分かりませんでしたが、どうも切りすぎてる感じ。
切りおわって急いで眼鏡かけて鏡見たら、

角刈り一丁できあがり!

前と上、半分どころか4分の1。
ガラ悪すぎです。

あまりに腹が立って、洗髪も顔剃りもナシで精算して店を出てきました。
顔剃り頼んで、眉毛半分にされたら目もあてられないんで。

現在噺家の前座orチンピラ見習状態です。
土地柄そんなに違和感はありませんが、仕事にちょっと…。
お客さんに威圧感を与えたり、ウケをとったりしてもしゃあないしなぁ…。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-25 21:47 | 身辺雑記
2004年 06月 24日

終わるから始まるのかも

「かってに改蔵」25巻!

連載マンガの打ち切りについて。

今日は名作「風呂上りの夜空に」(小林じんこ・講談社・全5巻・昭和60年初版)。

「風呂上り~」、比較的発刊当初(確か隔週刊)のヤンマガに載ってました。
コミックスで揃えたのは大人になってからですが、大人になって読み返しても面白いです。

「良い高校生活」が独特のノリで描かれてます。

出てくる音楽はRCとか爆風スランプとかカルチャークラブとか。連載末期にブルーハーツ。'65~'75年生まれは、かなりはまるのでは。
ま、どういう高校生活を送ったかにもよりますが。

そこに作者の屈折した自己世界が混ざっている名作です。

でも連載が続くにつれ、自己世界が拡大していき、読者の求めることと描きたいものの乖離が大きくなっていき…。

これは私の感想で、いろんな感想があるとは思います。
私としては名作です。
書棚の1軍に入れています。

これを読んで、小林じんこのほかの作品を探すのもまた一手。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-24 20:22 | 書評
2004年 06月 22日

酢は良いものです

おっさん化

うーん、前記投稿、誤解を招く発言だったかしら。

酢は良いのです。
断固としておっさん調味料ではありません。

私も餃子のたれは酢、多め。
(さらに言わせてもらえばラー油よりもごま油と唐辛子の方がスキ)
生牡蠣は洗って酢に漬け、醤油で食べます。
皿うどんはあまり食べませんが…。

私が言いたかったのは、良く昼飯時に中華料理屋(あくまでラーメン屋でない)で、
サラリーマンのおっさんがタンメンを注文し、出てくると味も見ずにやおら酢をかける。

そういう構図を言いたかったわけなのですよ。

醤油ラーメンにやおら胡椒をぶっかけるおっさんも同様。

私は一応少し食べて、味を確認してから酢を入れますが。

文章力のなさを痛感しました。


初めてトラバってやりました。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-22 23:18 | 身辺雑記
2004年 06月 22日

おっさん化

食生活において、最近年をとったなぁ~、と思うこと一つ。

タンメンに酢を入れるようになりました。

ま、他にも唐揚、天ぷらなどをほとんど食べなくなったとか、
豆腐が恋しいとかいろいろありますが。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-22 12:51 | うまいもの
2004年 06月 20日

お箸つけますか?

う~、今日もコンビニご飯だ~。
先週の日曜も。
しかもメニューは同じく、セブンイレブンの「ハンバーグハヤシ」
大してスキなお弁当じゃないのに。
ホントは鮭いくらご飯が食べたかったのに。
白飯があれば、納豆買おうと思ったのに、それもなかったズラ。

ウチの近所のセブンイレブンは、お弁当の品揃えがかなり貧弱。
入荷前の時間だったせいもあるけど。

それはともかく、先週の「ハンバーグ~」、家に帰って食べようとしたら、
箸しかついてなかった。

その時の衝撃と言ったら、高校生の時喫茶店でエビピラフを頼んだら
なぜかシジミ汁がスープとしてついてきて、それをスプーンで食べて以来のものでした。(長い)


店員が外国の方だったので、食文化の違いかと思い、箸でいただきました。


今日は日本の方でしたが、何も言わないのに箸、先割れスプーン、スプーン、フォークの豪華4点セットを入れてもらいました。

先割れスプーンしか使わん、ちゅうの。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-06-20 22:56 | 身辺雑記