突然ですが、ブックガイド

shincho.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2004年 04月 30日

靴下

仕事が続くと、洗濯が滞ります。
今履いてる靴下はグレーなのですが、
微妙に左右で色が違います。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-30 18:31 | 身辺雑記
2004年 04月 30日

行列

今日の銀行は大行列でした。
ま、予想通りですが。

しかし今日、振込先指定から振込みするのと、ATMを操作しながら
携帯で電話するのは勘弁して欲しいものです。

後者については、こないだ知らないお姉ちゃんを怒鳴りつけてしまいました。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-30 17:06 | 身辺雑記
2004年 04月 27日

休みの日のメシ

5/2~4は休むつもりです。
このまま行けば一ヵ月半ぶりのお休み、すごく楽しみなのですが
悩みが一つだけありました。

それはメシをどこで食うか、ということです。
せっかくのお休み、自堕落に好きな時間に好きなものを旨い酒と
食らいたいものです。

しかし去年までは連休中に開いてる店がありませんでした。
観光地なのに。

しかし今日、前出の4628(yorozuya)に行ったら、
5/3~5は開店しているとのこと。
嬉しい!

3日間「めしや丼」と「バーミヤン」かと思っていました。
カツオを仕入れてもらって、3日連続で通います。

そうそう、バーミヤン本日開店で、餃子100円でした。
混んでました。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-27 23:06 | 身辺雑記
2004年 04月 25日

呑んだ後に

呑んだ後にメシ、私は結構スキです。

最近コメントをくれるmasukoさんほど、食うわけじゃありませんが
(彼は2軒目の中華料理屋で炒め物を3~4皿頼みます)
米は食べますね。

呑んだ後のラーメンも良いのですが、ラーメンは1日1杯までと
心に誓っているので、難しいところです。

今日は初めての呑み屋に行きました。
湯豆腐、茄子味噌炒め、麦とろ定食を戴きました。

さすがに腹いっぱいです。
味噌汁が濃い白味噌でおいしかった。
呑んだ後の汁物は良いものです。
昂じると汁物をつまみに呑んだりします。

それと焼酎ロック4杯で3240円はなかなかリーズナブル。
でも刺身が鮪と蛸と烏賊しかないのはなぁ・・・。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-25 23:51 | うまいもの
2004年 04月 25日

昨日、鮨を食べました。
友人と一緒に食べる予定が仕事が終わらず、友人に持ち帰りをしてもらい、
友人宅で食べました。

ニシンとサバ(生)とカツオがすごくおいしかったです。
おいしいものを食べるってやっぱり大事ですね。

友人が気を利かせて、私の嫌いなイカとホタテを抜いてくれました。
何から何まで世話になりっぱなしですね。

私のスキなネタは、アナゴと鉄火巻です。
あと季節の白身魚。
カツオは鮨よりお造りのほうをよく食べます。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-25 20:40 | うまいもの
2004年 04月 23日

御宿かわせみ

御宿かわせみ(平岩弓枝)、今4巻読んでますが、本屋で最近
平積みになってます。

どうしてなのかと思ったら、NHKでドラマ化されてるんですね。
ちっとも知りませんでした。

池波正太郎や子母沢寛ほど、江戸情緒を書き込んでいるわけではないですが、
楽しく読めます。

江戸人情ミステリーと言ったところでしょうか。

現在28巻、続刊中ということで、読みきることなく程よく他の路線に行かなくては、
と思います。
これまで勢いにまかせて読みきってしまった反省を含めて。

んで、何巻まで読んだか分からなくなっちゃうんですよねぇ。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-23 23:24 | 書評
2004年 04月 22日

ついに購入

買ってしまいました。
「志ん朝の落語 全6巻」(ちくま文庫2003年9月~2004年2月初版)
もちろん購入するつもりでいたのですが、1冊950円+税と高いので、
「ボーナスが出てから」とのんきに構えてました。

ところが今日本屋で見たら、なんと4刷まで出てました。
あわてて本棚から初刷を探して全巻購入。

内容は当然極上。

私にとっての「声に出して読みたい日本語」です。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-22 22:22 | 書評
2004年 04月 22日

町名

ローカルな話ででごめんね

私の住んでるところは本所。
いわゆる下町ですが、厳密に言うと違います。

江戸時代は本所深川は川向こうで、江戸でもちょっと郊外。
江戸の朱引きは狭く、今の千代田区、中央区、港区、文京区及び台東区の
一部が江戸の範疇だったらしいです。

でも今は昔の町名なんて残っていませんねぇ。
神田には神田司町とか、紺屋町とか色々残ってますけど。

残ってればいい、というものでもないと思いますが、町名変更しておいて
江戸開府400年とか言われても、あまり盛り上がりません。
去年の話ですが。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-22 22:11 | 身辺雑記
2004年 04月 21日

物価上昇?

今日は暑かったですねぇ。
思わず呑んだ後、雪印バニラバーを食べてしまいました。
これが今時60円です。
その昔、私が幼少の頃は30円でした。
確実に当時に比べておいしくなっています。
しかも30円しか値上がりしてません。(考えようでは倍ですが)

私が小学生~中学生の頃はスポーツ新聞は90円でしたし、
マイルドセブンは220円でした。

それが今やそれぞれ130円、270円です。
でも1000円の床屋もできたりしています。

そんなこんなを世相とともに描いてあるのが「値段の明治大正昭和風俗史」
(週刊朝日編集部編・朝日文庫・初版昭和62年)です。

乾電池、都立高校受験料など様々なものの値段を作家のエッセイと併せて
綴っています。(例えば地図は谷川俊太郎、レコードは永井路子など)

その手のものに興味のある方には、オススメな本です。
しかも昭和62年初版なので、現在の物価とも比較できます。
(ガソリンは昭和55年では155円だった、とか)
上下巻の刊行ですが、古本屋でも両方そろえるのは難しいかもしれません。
でも下巻だけでもエッセイが109編も載っているので、楽しめると思います。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-21 22:57 | 書評
2004年 04月 20日

メシとエサ

最近「エサ」を摂取する機会が多いです。

私の定義では、「メシ」は心が躍り、楽しく食べられて
酒のアテにも良いもの。
「エサ」は腹を満たすためのもので、往々にしてジャンクフード。

人間たるもの生きている以上は満足のいくメシを食べつづけたいものですが、
なかなかそうもいきません。
時間がなくてエサを食べてしまった時、人生損した気分になります。

とはいえ、たま~に無性にジャンクフードが食べたくなる時もあります。
カップ焼きそばとかハンバーガーとか。

さて、来週我が家の近所に「バーミヤン」がオープンします。
今までウチの近所にはファミレスはほとんどなかったのですが、
周囲の景観とマッチするんでしょうか?

AM2:00まで開いているんで、利用する機会が多くなりそうです。
安そうだし。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-04-20 23:47 | 身辺雑記