突然ですが、ブックガイド

shincho.exblog.jp
ブログトップ
2004年 03月 20日

んで、困ること

私は結構「作家読み」をするのですが、
本を読んでて困るのは「物故作家の新刊作品はない」ってことです。
至極当たり前なのですが、長編を読む場合の計画が立てづらいんですよね。

例えば池波正太郎
彼の作品は「散歩のとき何か食べたくなって」や「食卓の情景」、「むかしの味」などの
食べ物に関するエッセイから読み始めたわけです。

すると長編でまずハマるのは「仕掛人 藤枝梅安」シリーズなんです。
「梅安料理ごよみ」という本もありますし。

ところが「梅安」シリーズは7巻しか出てなくって、しかも最後の巻は未完。
これはフラストレーションがたまります。

次は「鬼平」に行くか「剣客商売」に行くか、はたまた「真田太平記」に行くか。
ただそれらの作品はもっと歳をとってからのほうが、初めて読んだ時の面白さが
増すような気がします。
ま、「雲霧仁佐衛門」や「侠客」などの比較的短い作品もたくさんあるので、それらを
読んでるうちに5年や10年はすぐ過ぎるでしょう。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2004-03-20 17:43 | 書評


<< さらに困ること      My Favourite① >>