2005年 12月 17日

久々の新刊

「カポネ」(佐藤賢一著・角川書店平成17年初版)読了。

久々の佐藤賢一、しかも著者初めての現代アメリカを背景にした評伝。
といっても、「現代」というのはあくまで歴史上の時代区分で、実感としては近代ですが。

何と言っても、構成が抜群に良いです。
第1部の流れだけだと少し物足りないところでしたが、第2部~エピローグで佐藤賢一らしさが出ています。

とはいえ、やはり著者専門の中世ヨーロッパを題材にした小説を読みたいですねぇ。
[PR]

by ShinchoNO1 | 2005-12-17 22:28 | 書評


<< ミステリー2 連発      間違い >>